オーケストラ・サウンドを伝えたい 指揮者竹本泰蔵のサイトです

PROFILE

 神戸市出身、魚座 A型。
 1977年に開催されたカラヤン・コンクール・ジャパンで、ベルリン・フィルを指揮し、第2位に入賞。カラヤン氏に招かれて、ベルリンを中心に研鑚を積む。帰国後は全国の主要オーケストラに客演し、クラシック・コンサートはもとより、オペラ、バレエ、ミュージカルなど第一線で活躍中。


 特に“映画音楽”の分野での活躍はめざましく、その代表的な活動は、1991年の「ファンタジア シネマ・ライヴ」にさかのぼる。映像と生のオーケストラ演奏をシンクロさせるために、指揮のみならず、数フレーム単位での信号操作を行い、デジタル技術者との連携をサポート。この世界初のイベントの成功に大きく寄与し、当時のディズニー副社長、ロイ E・ディズニー氏からその画期的な働きに多大な賛辞が送られた。他にも、日本各地で映画音楽コンサートを数多く手がけ、マイケル・ナイマン氏とのコンサートで「ピアノ・レッスン」組曲日本初演。「シェルブールの雨傘」のミッシェル・ルグラン氏との「生誕80年記念ジャパンツアー」での共演。 「シャイン」のモデルとしても知られる天才ピアニスト、デヴィット・ヘルフゴット氏とのラフマニノフ作曲「ピアノ協奏曲第3番」共演など、歴史的なコンサートにも名を連ねている。


 また、映画音楽のCDレコーディングにも積極的に参加。オリジナル・スコアを使用したキングレコードの企画「シンフォニック・フィルム・スペクタキュラー」シリーズの指揮者として、「アラビアのロレンス」「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」「ゴッドファーザー」「ベン・ハー」などその演奏録音はすでに100曲近くにも及んでいる。その他、エイベックス・クラシックス「泣いちゃった」、キングレコード「映画に聴くクラシック」など映画関連のCDは常に数多く発売されており、日本全国ほとんどのCDショップで、その名を見つけることが出来る。


 近年は、「映画の感動をライヴ・コンサートで」との熱い想いをこめて、映画で使われたサウンドに出来るだけ忠実なスコアを復元したオーケストラ楽譜「オリジナル・シネマ・サウンズ」(O.C.S)シリーズを制作。「風と共に去りぬ」「アラビアのロレンス」「ベン・ハー」「ドクトル・ジバゴ」「ひまわり」「シェーン」など、数多くの名作映画を積極的にコンサートで取り上げている。


 さらには、自身の企画・構成による “映像付コンサート・シリーズ”を各地で展開。「ローマの休日」「カサブランカ」など往年の名画はもちろん、「トムとジェリー」やディズニー映画「ファンタジア」などのアニメーション映画も取り上げている。この“映像付コンサート・シリーズ”は、単にイメージ映像を演奏に合わせるのではなく、生演奏が、映像とぴったりシンクロする構成となっており、“音楽と映像の融合”ともいえるその手法は、オーケストラ・コンサートの新しい楽しみ方として、全国各地で好評を博している。

PAGETOP
Copyright © 竹本泰蔵サイト All Rights Reserved.